1. HOME
  2. インフォメーション
  3. seasonal skincare 乾燥肌 の原因&冬肌トリートメント
  • seasonal skincare 乾燥肌 の原因&冬肌トリートメント

    2018.11.5カテゴリー: インフォメーション

    乾燥肌エステ seasonal skincareはこちら

    11月、めっきり秋から冬へと突入中って感じですね。さて、お肌もいろんな要因から、水分不足と乾燥になる季節です。お客様も肌の乾燥が気になるという方が多いこの頃です。肌が乾燥する原因をぜひ、見直してみて下さい。

    暖房と外気の寒さにさらされる「インナードライ肌」は皆が共感できる秋・冬肌の悩みです。また、紫外線・風・科学物質が蔓延する環境が影響と、ストレスが増加するライフスタイルが加わって、年齢に関係なく多くの女性が乾燥と水分不足に悩みがちになります。私自身もそうです!

    乾燥肌・水分不足の肌とは?

     

     

    肌の表皮の深層には80%の水分量があり、角質層には10%の水分を保持しています。この10%に満たない場合に水分不足であると感じられ、つっぱりや、肌表面が乾燥し、はげ落ちるガサガサ感です。

    乾燥が極端な状態になると、かゆみがあったり、ひび割れて出血したり、ひどい赤みが出る場合もあります。刺激を受けやすくなるので、炎症を起こしたりします。これは脂質バリアが損傷して弱い肌の状態で、アトピー肌や敏感傾向の肌に見受けられます。
     
    また、オイリースキンで皮脂量が多い肌も水分不足になることはあります。

    乾燥肌・水分不足の肌の原因はなんでしょう?

     

     

    原因はたくさんありますが、いくつかの要因をお伝えします。

    ●内因的な老化
    これは、人生の時間の経過とともに肉体的な変化が起こるこどで、遺伝的な要因が関係する自然な現象と言えるでしょう。外的要因(ライフスタイルにより早められた早期老化)と違って、年齢とともに肌の皮脂腺の働きが衰えたり、また、肌の組織のセラミド(脂質バリアの一つ)が40歳を達する頃までに激変し、乾燥と水分不足なスキンコンディションになることを、科学者も同意しています。
    女性は、ホルモンのエストロゲン量が減少することと、閉経を迎えることなども乾燥と水分不足の要因になります。実際に私自身がその年齢なのですが、適切な肌に合ったスキンケアをしていると、肌コンディションの維持に成功できると思います。


    ●外的要因 
    継続的な紫外線、環境内の化学物質、ストレスなどライフスタイルが関係して起こる肌の乾燥と早期老化です。

    ●過激なクレンジング
    肌を保護する皮脂(油分)まで取り除いてしまうような洗顔料・石鹸の使用が原因の場合がよくあります。また、入浴のしすぎ、熱いお湯、シャワーの浴びすぎ、スクラブの使い過ぎなども。

    洗顔料で肌も変わります!
    クレンジングは肌の健康と、スキンケアの最初の大切な1stステップです。汚れが落ちれば良いというのではなく、特に乾燥が気になる時は肌に合ったクレンジンザーを選びたいものです。

    ●湿度が低い状況や寒い気候
     冷たい風や低温の気候が皮脂(油分)のバランスを崩してしまい、肌に潤滑作用と保護作用を与える皮脂が不足すると、乾燥します。
    室内 乾燥した空気、冷たい空気(ヒーターやエアコンなど)からの影響があります。暖かい乾燥した空気は巨大なスポンジのようにそこにある全てのものから水分を吸い取ります。相対湿度が60%を下回ると、肌は水分を失い始めます。働く女性にはオフィス環境も加湿器などで湿度を保ってほしいものですね。

    ●太陽
    太陽(紫外線)も肌を乾燥させる原因になります。長い時間紫外線に当たると肌から水分が蒸発するため、日焼け後のお肌はモイスチャライザーを必要とします。外を15分散歩したり、外でランチタイムの間に浴びる紫外線も、積み重なって乾燥ダメージにつながります。肌に赤みが現れなかったとしても、紫外線ダメージは起きているので注意です。

    ●ライフスタイル
    摂取 栄養士によれば、多くのダイエット的な飲料水や、無脂肪食品を摂取している人は肌にとって重要で有効な必須脂肪酸(EFA)と脂溶性ビタミンが不足しているということです。
    食生活で良質な脂肪、必須脂肪酸が欠乏すると、乾燥、かさつき、かゆみ、肌が薄くなる、湿疹、といった皮膚疾患また、ふけになる可能性が高まるようです。
    また、砂糖の代わりに使われる人口甘味料も、肌を敏感にしてしまう要因になっています。亜鉛は傷の治療や肌に大切な栄養で、これが不足すると肌の状態が崩れてしまいます。
     
    喫煙も肌を乾燥させる要因です。身体が酸素や栄養素を運ぶ機能が低下して、ミタミンCやAを奪い血管を抑圧するため、血行も低下します。ですから、喫煙は身体の内側から肌を窒息させていきます。
     
    大量のアルコールも身体の内側の水分不足を引き起こし、肌を乾燥させる要因となります。

    このような上記の肌に対する状況が早期老化を引き起こす原因に。

    冬は気温・湿度の低下から肌の乾燥と血行不良から、くすんだお肌になりがちです。乾燥状態が慢性的になりスキンケアを怠けると、やがて肌の敏感さ、エイジングの目立つ肌を招いてしまいます。

    でも、全て避けることは無理ですから!
    朝晩のお手入れ以外にプロフェッショナルなトリートメントをお勧めします。エイジングを引き起こさないためにも冬肌対策には、保湿・保護力を高める濃厚なトリートメントが一番です。

     

    冬肌の乾燥に効く! 即効性 seasonal  treatment

    ~只今、各フェイシャルトリートメントで保護・保湿力を高めるケアをいたします~

    ※予約の際にお申し付けください。

    全ての肌タイプへ対応
    肌を健康に・ガサガサにさようなら!滑らかな肌へ
     

     


    一部をご紹介 ※肌を見極めたパーソナリゼーション
    *クレンジング剤は肌の乾燥を防ぐ皮脂膜を取らない石鹸成分が無し又は、乳酸配合のクレンザーで乾燥した角質を取り除くエクスフォリエントを効果的に行います。⇒*上質な高濃度セラム・5種類のビタミンとハーブエキスを肌にしっかりと届けます。*乾燥でもろくなった脂質バリア強化(カラムギ穀粒オイル・月見草油・シアバターetc)*
    コラーゲンとヒアルロン酸促進(マデカサイト・パルトミル・ペプチドetc)